介護保険とはどんなものなのか?

あなたも「介護保険」と言うものを一度は聞いた事があると思います。
そんな人もたくさんいることでしょう。
(笑顔)多分、新聞とかテレビとかで見たことがあると言う人、聞いた事があるからだと思いますね。
(笑顔)気が付いたら介護保険料を支払っていたと言う人も多いと思います。
『介護保険』高齢者で介護を必要としている人がいます。
そんな人の治療、介護に必要とする費用、家族介助、福祉施設利用などの負担分を社会全体で支援して行こうと言う保険制度になります。
介護が必要と言う人が日常生活を負担なく送れるように、本人、家族の負担を減らすような形で介護、支援サービスを受けられるようにしていこうとするものです。
そんな介護保険には、「民間の介護保険」と「公的な介護保険」があります。
一般的に介護保険制度と言われているのは、公的な方の介護保険制度になります。
公的な介護保険と言うのは、加入する条件、給付の条件などに高齢者に限ると言うような制限があります。
そんな義務を付けられています。
それで20代でも加入ができるものもあります。
また、給付についても公的な介護保険ではサービスを受けられると言うことに限られます。
しかし、民間では現金支給がされることがあります。
こうした介護保険制度、介護保険料をきちんと支払い誰もが負担なく受けられるような社会を作っていきたいと思います。
(笑顔)