しつこい保険会社の撃退法とは

確実に言えることがあります。
それは予定利率だけは損すると言うことですね。
しかも、このデメリットについては殆どが説明されていません。
ですから、販売員は自分の売上のために頑張っていると言うことです。
ですから、加入してもらいたい一心だと思います。
デメリットを話すなんて、そんなことしませんよね。
(汗)これを聞いて販売員の人を悪い人だとは思わないでくださいね。
(苦笑)これは当たり前のことだからです。
販売員は、自分の為に一生懸命になっています。
(汗)この生命保険の転換と、見直しについては、生命保険会社が勧めてきます。
まず予定利率を聞くことですね。
「この場合の保険の予定利率って、どれくらいですか?」と聞いてください。
そこで、今まで意気揚々と紹介していた販売員の顔が一気に青くなると思います。
もし、何%か答えられなかった場合、その販売員から保険会社への加入はやめた方が良いですね。
この人は、頼りなさ過ぎです。
予定利率は、基礎中の基礎です。
それさえもわかっていない職員と言うことになります。
ですから、ちゃんとした保険設定が出来るはずがありませんよね。
それを教えますね。
まず、相手が一通り説明し終わった時に、「これで説明は全部ですか?」その質問に対して「はい、以上です。
」と言ったら、「予定利率のお話をうかがってないのですが!?。
」<保険のランキング>ですから見直しをお勧めしておきます。
やすやすとそのランキングに騙されないようにしましょうね。
がん保険・先進医療保険は必要?判断の仕方【加入すべき?】