住宅ローン借り換え相談のメリットとは?

住宅ローンの借り換えのメリットは、金利が低いローンに借り換えることによって返済総額を下げることができることが一般的な理由です。
住宅ローンは高額な借り入れなので、金利が数パーセント下がっただけでも返済総額に大きく影響します。
たとえば、3,000万円の借り入れで1%と言えば30万円ですから決して軽視できないですね。
又、返済期間が長期に渡るので月々の支払いが1000円下がっただけでも35年ローンだと42万円もの差がでてしまいます。
逆にデメリットというと、新規で住宅ローンを組むことになるので手数料や印紙代、保証金、登記費用など数十万円の諸経費が発生してしまうことです。
ですから、借り換えによる返済の減額分と諸費用などのコストを差し引いてもメリットがあるのなら、借り換えたほうが良いと言えます。
その辺の判断は素人ではできませんので、銀行の窓口で相談することをお勧めします。